♪おけいこ日記 INDEX♪

 今月のおけいこ日記(ブログ) 


■2011■
おもな練習曲名
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

■2010■
おもな練習曲名
10・12月
9月
7・8月
6月
5月
4月
3月
1・2月

■2009■
おもな練習曲名
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月

■2008■
おもな練習曲名
12月 クライスラー:プニャーニの様式による前奏曲とアレグロ
11月 クライスラー:プニャーニの様式による前奏曲とアレグロ
10月 クライスラー:プニャーニの様式による前奏曲とアレグロ
9月 ベートーヴェン スプリングソナタ ・ マスネー:タイスの瞑想曲
8月 ベートーヴェン スプリングソナタ
7月 蝶々変奏曲 ・ バッハ:アレグロ ・ ベートーヴェン スプリングソナタ
6月 ヴィバルディ:協奏曲イ短調第3楽章
5月 ザイツ:協奏曲第5番第1楽章 ・ ヴィバルディ:協奏曲イ短調第3楽章
4月 ダンクラ:エアバリエ
3月 コレルリ:アレグロ ・ 合奏曲の練習
2月 ベリオ:協奏曲7番 挫折 ・ プニャーニ:ラルゴエスプッシーボ
1月 ベリオ:協奏曲7番 第1楽章

■2007■
おもな練習曲名
12月 バッハ:2つのバイオリンのための協奏曲
11月 ベリオ:協奏曲第7番第1楽章・バッハ:2つのバイオリンのための協奏曲
10月 ベリオ:協奏曲第7番第1楽章
9月 ベリオ:協奏曲第7番第1楽章
8月 アッコーライ:協奏曲第1番第1楽章
7月 アッコーライ:協奏曲第1番第1楽章
6月 アッコーライ:協奏曲第1番第1楽章
5月 アッコーライ:協奏曲第1番第1楽章
4月 ヘンデル:ソナタ6番 全楽章
3月 ヘンデル:ソナタ6番 全楽章
2月 ヘンデル:ソナタ6番 全楽章
1月 ヘンデル:ソナタ6番 第1・2楽章

■2006■
おもな練習曲名
12月 ベリオ:バレエの情景
11月 ベリオ:バレエの情景
10月 ベリオ:バレエの情景
9月 タルティーニ:ソナタ ト短調第1・3楽章 ベリオ:バレエの情景
8月 タルティーニ:ソナタ ト短調第1・3楽章
7月 タルティーニ:ソナタ ト短調第1・3楽章
6月 タルティーニ:ソナタ ト短調第全楽章
5月 タルティーニ:ソナタ ト短調第1・2楽章
4月 ヘンデル:ソナタ1番第1・2楽章
3月 メンデルスゾーン:協奏曲ホ短調第3楽章
2月 メンデルスゾーン:協奏曲ホ短調第3楽章
1月 メンデルスゾーン:協奏曲ホ短調第3楽章

■2005■
おもな練習曲名
12月 ヴィターリ:シャコンヌ
11月 ヴィターリ:シャコンヌ
10月 ヴィターリ:シャコンヌ
9月 ヴィターリ:シャコンヌ
8月 ヴィターリ:シャコンヌ モーツァルト:ソナタbS
7月 ヴィターリ:シャコンヌ
6月 モーツァルト:ソナタbS ヴィターリ:シャコンヌ
5月 モーツァルト:ソナタbS
4月 ダンクラ:ロッシーニの主題によるエアバリエ
3月 メンデルスゾーン:協奏曲ホ短調第3楽章 ダンクラ:ロッシーニの主題によるエアバリエ
2月 メンデルスゾーン:協奏曲ホ短調第3楽章
1月 メンデルスゾーン:協奏曲ホ短調第3楽章

■2004■
おもな練習曲名
12月 ベートーヴェン:スプリングソナタ
11月 ベートーヴェン:スプリングソナタ
10月 ベートーヴェン:スプリングソナタ
9月 ベートーヴェン:スプリングソナタ
8月 ルクレール:ソナタ ニ長調
7月 ルクレール:ソナタ ニ長調
6月 ルクレール:ソナタ ニ長調
5月 プニャーニ:ラルゴエスプレッシーボ バッハ:アレグロ ヴィバルディ:g−moll3楽章
4月 バッハ:協奏曲2番第1楽章
3月 ゴセック:ガボット バッハ:協奏曲2番第1楽章
2月 ゴセック:ガボット
1月 グノー:アヴェマリア ゴセック:ガボット

■2003■
おもな練習曲名
12月 クライスラー:シチリアーノとリゴードン
11月 クライスラー:シチリアーノとリゴードン
10月 クライスラー:シチリアーノとリゴードン
9月 クライスラー:シチリアーノとリゴードン
8月 クライスラー:プニャーニの様式による前奏曲とアレグロ
7月 クライスラー:プニャーニの様式による前奏曲とアレグロ
6月 クライスラー:プニャーニの様式による前奏曲とアレグロ
5月 クライスラー:プニャーニの様式による前奏曲とアレグロ
4月 クライスラー:ロンディーノ クライスラー:プニャーニの主題による前奏曲とアレグロ
3月 クライスラー:ロンディーノ
2月 クライスラー:愛の哀しみ
1月 クライスラー:愛の哀しみ






■All Right Reserved,Copyright (C) OKIRAKUGINTA 2003-

inserted by FC2 system